解体工事で失敗しない!解体工事業者を選ぶ5つのチェックポイント

 

東京都小平市を拠点に東京都内や千葉、神奈川、埼玉などで解体工事一式を手掛けている株式会社シンセイです。


建物のある土地を更地にしたり、建て替えをしたりする時には、解体工事が必要になります。解体工事の業者選びに失敗してしまうと、近隣とのトラブルの発生や廃棄物の不法投棄が問題になるケースも。悪質な業者に引っかかってしまわないよう、解体工事の依頼には注意が必要です。


では、解体工事の業者は何を基準に選んだらよいのでしょうか?今回は、解体工事で失敗しないために、業者選びに役立つ5つのチェックポイントをご紹介します。




■解体工事業者を選ぶ5つのチェックポイント


信頼できる業者かどうかを確認するために、以下の項目を必ず事前にチェックするようにしましょう。



・チェックポイント1.建設業許可


解体工事を請け負うためには「建設業許可」が必要です。建設業に関わる仕事をする場合は、建設業法第3条にもとづいて国土交通大臣や各都道府県知事から建設業の許可を受けなければなりません。簡単な建設工事など許可が必要ない例もありますが、解体工事は建設業の許可を受けている業者でなければなりません。


依頼したい業者が許可証を持っているかどうか確認したい時には、許可証を提示してもらうか、HPの会社情報をチェックしてみましょう。許可証についてHPに明示している会社であれば、安心して解体工事を依頼できます。



・チェックポイント2.廃棄物の取り扱い

建物を解体するとさまざまな廃材が出てくるため、廃棄物の運搬や処理も必要になります。処分する荷物の積み降ろしをする各都道府県の許可を受け、廃棄物処理法や建設リサイクル法に従って適正に処理しなければなりません。


産業廃棄物収集運搬業の許可を持たない業者が法令を守らず廃棄物を処分したり、不法投棄したりした場合は、依頼主も罰則を受けることになります。許可を持って適切に処分している業者かどうか、事前に確認するようにしましょう。



・チェックポイント3.賠償保険への加入



解体工事では、騒音や粉塵による近隣との関係悪化や重機が隣家に当たる事故など、トラブルが発生することも考えられます。解体工事中に問題が起きた時のことも想定して、第三者賠償保険(工事保険)に加入している業者を選んでおくと安心です。



・チェックポイント4.見積書の妥当性

見積書を受け取った時には、詳細がきちんと書かれているかどうかも必ずチェックしましょう。工事項目、工事する範囲、数量や単価などが記載されているか、必要な項目が削られていないかなどを契約前に確認することが大切です。


工事費用が安い業者は魅力的ですが、見積りにない追加工事で後になって高額な請求をする、不法投棄で廃棄物の処理費用を削減しているなど、悪徳業者のケースもあります。相場よりも安すぎると感じた場合は特に注意して見積書を確認しましょう。



・チェックポイント5.契約書の記載内容



契約書をよく読まずにサインしてしまうと、後のトラブルにつながる危険性があります。見積りと金額が合っているか、工事内容や工事期間、問題が発生した場合の責任について記載されているか、契約書にサインする前に必ず確認をしましょう。




■5つのチェックポイントで失敗しない解体工事業者選び



解体工事を依頼する際には、これら5つのチェックポイントを参考にしてみてはいかがでしょうか。


シンセイでは、建設業許可はもちろんのこと、1都7県の産業廃棄物収集運搬業許可を保有しています。工事保険にも加入していますので、安心して解体工事をお任せいただけます。本社があります小平市はもちろん東京都内や神奈川県、埼玉県など解体工事に関するご相談がありましたら、シンセイまでお気軽にお問い合わせください。